拡大する写真・図版布忍神社の恋みくじを手にする大学生。インスタグラムで存在を知り、府外から訪れた=大阪府松原市

[PR]

 何げなく引いても、思いがけず心に刺さるおみくじ。インターネットやSNSに情報があふれる今も、アナログな「お告げ」が若者を引き付けています。

 神奈川県の会社員島崎由季さん(28)は、「おみくじが人生の転機になった」と思っている。

 持ち回りで稲荷神の世話をする習慣が残るなど、神社やお寺が身近な環境で生まれ育った。自然に歴史に興味を持ち、中学生の頃には京都への憧れが膨らんだ。でも、一人旅の経験はなく、なかなか行くことができずにいた。

 ある日、離れて暮らす母方の祖母から京都旅行に誘われた。書道を教えていた祖母も歴史好きで、自宅の一室が埋まるほどの史料を持っていた。2人で新幹線に乗った。

 京都に着くと、一緒に観光すると思っていた祖母は、別行動。島崎さんは仕方なく、地図を頼りにバスに乗り、地元の人に道を教わりながら寺社を巡った。そんなとき、八坂神社で目に入ったおみくじを引いた。

 詳しい内容は覚えていない。た…

この記事は有料会員記事です。残り2175文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。