[PR]

 政権の座を譲り受ける「禅譲」路線に現実味はあるのか。「ポスト安倍」をめざす自民党の岸田文雄政調会長(62)が、岐路に立っている。

 勤労感謝の日の11月23日、岸田氏は福井市内の大学で講演していた。

 「出身は広島ですが、福井とはありがたいご縁をたくさんいただいています」。岸田氏は昨年秋、福井で後援会を立ち上げた。前日22日には、兵庫で後援会を新設。地元・広島を除く地方後援会は7カ所に増え、来年は熊本でも立ち上げる計画だ。

拡大する写真・図版福井工業大学で講演する自民党・岸田文雄政調会長=2019年11月23日午後、福井市、西村圭史撮影

 安倍晋三首相(65)が「後継」に目しているとされる岸田氏の視線は、いま地方を向く。永田町では「ポスト安倍の最右翼」(細田派幹部)との呼び声も高い岸田氏だが、ポスト安倍を問う世論調査では、これまで3度の総裁選に挑んだ石破茂・元幹事長(62)に水をあけられている。

 総裁選は国会議員票と党員・党友による「地方票」で決する。世論に近いとされる地方票で、昨年秋の総裁選で45%の得票を得た石破氏にどう対抗するか。岸田氏の課題は明白だった。

拡大する写真・図版自民党総裁選への立候補を表明した石破茂氏。「正直、公正」のキャッチフレーズを掲げた=2018年8月10日午後4時54分、東京・永田町の衆院第2議員会館、林紗記撮影

 8月末、岸田氏は東京・月島でその石破氏と、もんじゃ焼きをつついていた。同世代の党の面々による、7月生まれの岸田氏のための遅めの誕生会だった。

 「岸田さん、このままでいいと思うの」。石破氏は岸田氏にそう問いかけた。いまの日本社会と政治のありようをどう考えるのか。率直な意見交換を求めたのだ。「いや、このままでいいとは思わない」。そう応じた岸田氏に、石破氏は「ではどうするの」と重ねて問うた。だが、岸田氏はそれには直接答えずに笑顔を浮かべた。

 歯切れが良い理想家肌の石破氏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら