写真・図版

[PR]

 寒さが厳しい季節。屋内で過ごす時間が長くなりがちだが、空気の乾燥も気になるところ。湿度をコントロールして健康で快適に過ごすにはどうしたらいいだろう。

 室内が乾燥していると、かぜやインフルエンザにかかりやすいとされる。その理由を、東京医科歯科大の瀬戸口靖弘特任教授は二つ指摘する。

 一つは、病気の原因となるウイルスが空気中を漂いやすくなるからだ。風邪やインフルエンザの患者がせきやくしゃみで放出した微小な水の粒にはウイルスが含まれ、他の人が吸い込んで感染する。放出された水の粒は、普通は短時間で床に落ちるが、空気が乾燥していると水の粒が気化して小さくなる。空気中の浮遊時間が長くなり、感染リスクを高めてしまうという。

 二つめは体のバリアー機能の低下だ。感染経路となる鼻やのどの内側は粘液で覆われている。ウイルスが粘液についても、細かな体毛が動いて侵入を防いでいる。また、鼻やのどは免疫が強い部分で、粘液中の抗体が感染を防いでいる。しかし部屋が乾燥していると粘液が蒸発して少なくなり、免疫の機能が低下。風邪やインフルエンザに感染しやすくなるという。

 また「口を開けて寝て、朝起き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら