[PR]

 伝統的な建築物が残る山梨県甲州市の上条集落で、テレビ朝日で放送中の昼ドラ「やすらぎの刻(とき)~道」のロケが続いている。番組のテーマ「日本の原風景」を求め、訪れる人たちがじわりと増えている。

 「あっ、ここ、この場所。ドラマに出てきた」。普段は静かな金井加里(かないかり)神社に、年配の人たちの声が響いた。

 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された2015年から、市教委文化財課が奇数月に催している見学会。参加者からは、ドラマに関する質問や感想が増えたという。

 神社を抜けると集落が俯瞰(ふ…

この記事は有料会員記事です。残り1594文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1594文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1594文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース