[PR]

 うちの家の被害判定はどうして他市より低いんだろう――。千曲市の被害判定が大きく変わったきっかけは、被災者が抱いた小さな疑問だった。国の基準を自ら調べ、市に再調査を直談判していた。

 「一部損壊・10%未満」。台風19号上陸から1カ月経った11月中旬、杭瀬下地区に住む40代女性のもとに罹災(りさい)証明書が届いた。自宅は1階の床上40センチまで浸水していた。

 浸水被害なんて初めてなので、市の判定が当たり前だと思っていた。ところがそんなとき、同じような被害にあった長野市の知人宅の被害判定が「半壊」だと知った。市町村が出す判定は、国や自治体から受けられる支援額を大きく左右する。同程度の被害でなぜ長野が「半壊」、千曲が「一部損壊」なのか。どうしても納得がいかなかった。

 女性は千曲市から、10月下旬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら