[PR]

 元衆院議員で農林水産相などを務めた玉沢徳一郎氏(81)が銃撃された事件で、岩手県警は11日、銃刀法違反容疑(加重所持)で現行犯逮捕した同県奥州市の農業、高橋脩(ひさし)容疑者(82)を、玉沢氏に対する殺人未遂容疑で再逮捕する方針を固めた。

 高橋容疑者は10日午後、実弾入りの拳銃を持って県警盛岡東署に自首した。捜査関係者によると、高橋容疑者は「数発撃った。昔からの友人。金銭トラブルがあった」と供述しているという。玉沢氏の家族によると、玉沢氏は盛岡市の自宅で足を撃たれて病院で治療を受けているが、命には別条がないという。

 県警は、高橋容疑者が玉沢氏に拳銃を向けていることから殺意があったと判断。玉沢氏本人から撃たれた状況などを聞いた上で、高橋容疑者を再逮捕する方針だ。

 玉沢氏は1976年に衆院議員に初当選して以来、当選9回。防衛庁長官や農水相を歴任し、2009年に政界を引退した。高橋容疑者が開設したとみられるホームページには1972年に貸し付けた1千万円が返済されていないと主張する書き込みがあった。