[PR]

出会いは成長の種 近畿大学付属高校

 永遠に続くように思えた「高校生活」という日常も、「部活」の時間も、気づけば残りわずかになっている。その始まりはどんなきっかけで、どんな決断があったのだろうか? もし、もう一度そのときに戻れるなら、今度はどんな決断をするだろうか?

 全日本吹奏楽コンクール全国大会に過去2回出場し、毎年2月に東京で開催されるシンフォニックジャズ&ポップスコンテスト全国大会では2016年から3年連続で総合グランプリに輝いた近畿大学付属高校吹奏楽部。2019年度の主将(部長)を務めるのはクラリネットパートの3年生、「トモリン」こと小阪友萌(こさか・とも)だ。

 トモリンのきっかけと決断は中学2年のときだった。3月下旬に観(み)にいった近大付属の定期演奏会で、その演奏やパフォーマンスの虜(とりこ)になった。ホールから家まで、興奮が収まらなかった。特にキラキラしたポップスの演奏が心に残った。

 「こんな感動したの初めてや! 私も近高に入りたい!」

 中学校の吹奏楽部はコンクールでは地区大会止まりだったが、思い切って近大付属に飛び込むことに決めた。

 その中学の部活を引退するとき、顧問の先生が一つのコトバを贈ってくれた。

 「出会いは成長の種」

 先生は「いろいろな人と出会って、それを成長の原動力に変えていきなさい」と教えてくれたのだ。

 強豪校の部活は厳しいイメージがあったが、近大付属吹奏楽部はアットホームな雰囲気ですぐになじめた。トモリンを含めてクラスではおとなしいが、部活に来るといきいきとする部員が多かった。

 「ここは本当の自分を出せる場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも