「血のにじむ努力しなくても」おせち作り、6家族で分担

有料会員記事

才本淳子、栗田優美
[PR]

 黒豆、だて巻き、栗きんとん、松風焼き……。どれもおいしかったよね。今年は誰が何を作ろうか。

 12月初旬の週末、神奈川県茅ケ崎市。女性3人が写真を囲んでいた。

 ウェブサイトの制作や企画をする市川歩さん(45)らが昨年から始めた「シェアおせち」の打ち合わせだ。おせちは、たくさんの料理を少しずつ作るイメージがあるが、市川さんらは2、3品ずつを持ち寄り、メンバーで交換する。昨年は共働き夫婦や乳幼児を育てる母親ら30~50代の6人が参加。計14品を分け合った。「全部は無理だけど、2、3品なら何とかなる。孤独な『血のにじむ努力』をしなくても、おせちができた」と市川さんは振り返る。

 共働きで、小1の息子を育て…

この記事は有料会員記事です。残り2477文字有料会員になると続きをお読みいただけます。