背中で語れる男役 花組瀬戸かずや、東野圭吾作品で主演

有料会員記事宝塚歌劇団

尾崎千裕
[PR]

 宝塚歌劇団花組が、東野圭吾の人気ミステリー「マスカレード・ホテル」を舞台化する。

 映画版で木村拓哉が演じた、主人公の新田刑事役に挑むのは、16年目の実力派スター瀬戸かずや。「大事件ではあるんですけれど、思っていたより気負いすぎていない。現代の男性なので、いかにシンプルに演じられるかが大事になる」と語る。

 宝塚での愛称は「あきら」。由来は、本名でも芸名でもなく、少女漫画「天使なんかじゃない」のヒーロー「須藤晃(あきら)」。漫画ではリーゼントがトレードマークの、頼れる生徒会長だ。宝塚音楽学校の1年目、同期から「あきらっぽいね!」と言われ、すっかり定着した。

 個性の強い男役が多い花組で…

この記事は有料会員記事です。残り1195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら