[PR]

 今年6月、東京都練馬区の自宅で同居の長男を殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官・熊沢英昭被告(76)の初公判が11日、東京地裁であり、妻が長男の家族に対する暴力の状況を語った。

 証人として出廷した妻によると、長男の暴力は、学校でいじめを受けた中学2年のころに始まった。帰宅すると暴れ、「包丁やライターを突きつけられたこともあった」。勤務中の熊沢被告に帰ってきてもらったこともあったという。

 長男は大学1年の夏ごろから別居。オンラインゲームに時間を費やし、ごみ処理をめぐり近隣とトラブルを起こすようになった。本人の希望で25年ぶりに家族で一緒に暮らし始めた翌日、長男は泣きながらこんな言葉を漏らした。

 「お父さんはいいよね。東大出…

この記事は有料会員記事です。残り578文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り578文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り578文字有料会員になると続きをお読みいただけます。