[PR]

 人気夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川花子さん(65)が11日、血液のがんである症候性多発性骨髄腫で入院し、闘病中であることを公表した。6月から体調不良で仕事を休んでいる。夫で相方の大助さん(70)や医師と大阪市内で会見した花子さんは、退院のめどは立っていないとしながらも「絶対に復帰します」と力強く語った。

 同席した医師の説明によると、花子さんは昨年3月に腰痛を訴えて病院を受診。骨に腫瘍(しゅよう)があることが分かり、放射線治療を受けていたが、治療の副作用を心配するなどして、今年に入り5カ月ほど病院治療を受けていなかった。6月には病が進行し、一時は下半身不随の状態だったが、入院して化学療法の治療を受けて次第に回復しているという。

 車いすで会見した花子さんは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら