[PR]

 来夏に予定される鹿児島県知事選に、九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が立候補する意向を固め、地元選出の複数の自民党国会議員に伝えていたことがわかった。21日付で退職し、正式表明するとみられる。

 同知事選には、現職の三反園(みたぞの)訓(さとし)氏(61)が再選を目指す意向を表明し、自民党県議団に推薦願を提出した。地元選出の同党国会議員らによると、党内には塩田氏を評価する声があるほか、前回知事選で落選した伊藤祐一郎・前知事(72)や、森博幸・鹿児島市長(70)を推す声もあるという。三反園氏の任期満了まで8カ月を切り、県議会最大会派でもある自民党の動向が焦点となる。

 塩田氏は鹿児島市出身。東京大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら