拡大する写真・図版 「老後レス」時代、考えるヒント

[PR]

 老後を幸せに過ごしたい。どの世代にとっても切実な願いだが、死ぬまで働く「老後レス時代」が現実味を帯びる。それは日本だけの現象でもない。どう向き合えばよいのか。

家族の介護も支援、新しい価値生み出したい

「いろどり」社長 横石知二さん

 40年前、私が最初に赴任した時の徳島県上勝(かみかつ)町は、高齢化で活気を失った、普通の過疎の町でした。それがいま、日本料理に添える「つまもの」と呼ばれる葉っぱの売り上げが年間2億6千万円、全国シェアの7割を占めます。

 全国からの注文をその日のうちにさばき、都市部の市場に空輸で商品を届ける。このビジネスを支える農協の「彩(いろどり)部会」は158世帯、平均年齢70歳。主力は女性です。

 高齢者が働いて稼ぐ。その舞台…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら