カレーにガリ、鍋持参が十勝流 ココイチ空白地の人気店

有料記事

中沢滋人
[PR]

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の舞台となり、全国屈指の農業地帯でもある北海道十勝地方。その中心都市・帯広市の市民が「ソウルフード」と口をそろえるカレー店がある。「ココイチ」などの業界大手の地域への参入を阻んでいるとも言われている。一体、どんな店なのか、訪ねてみた。

付け合わせにガリ、すし店か!

 店の名前は「カレーショップ インデアン」。帯広市を中心とした十勝地方に10店舗、釧路市に2店舗、計12店舗を展開している。

 帯広駅近くの中心街に立つ「まちなか店」に行ってみた。建物はインドの「タージ・マハル」のドーム部分を除いたような外観に、ターバンを巻いた男性のマーク。店内に入ると、半円状のカウンター席とテーブル席。壁には映画のポスターが貼られている。カウンター内に調理場があるオープンキッチンスタイルだ。

 「インデアン」「ベーシック」「野菜」と3種類ルーがある。料金は、店内飲食でインデアンが1皿462円(税込み)。カツカレーにしても704円とお得感が高い。そのほか、ハンバーグ、エビ、シーフード、チキンなどもそろい、辛さの調整も可能だ。

 店の名前にもなっているインデアンルーのカツカレーをお願いする。スタッフが、目の前で手際よくカツを切り、ステンレスの皿によそったご飯の上にのせ、カレーを盛りつける。数分で出てきた。

 濃い茶色のカレーはやや粘度高めか。テーブル上に置かれた付け合わせの容器をみると、「福神漬け」「シソと大根とキュウリの漬物」「ガリ」の3種類がある。

 「ガリ? カレー屋に何でガ…

この記事は有料記事です。残り2175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント