[PR]

 「桜を見る会」に反社会的勢力とみられる男性が出席したとされる問題について、菅義偉官房長官は11日の記者会見で、反社会的勢力について「犯罪が多様化しており、定義を固めることは逆に取り締まりを含め、かえって複雑になる」と述べ、改めて定義は困難との考えを示した。

 菅氏は会見で、記者から「定義が定まらないことで反社会的勢力に対する民間企業の取り組みに混乱が生じないか」と問われ、「逆に定義をすることが難しいのではないか。犯罪の質もどんどん変わっていますから」と反論。混乱が出る恐れについても、「それはないと思っている」と話した。

 この問題をめぐっては、第1次安倍政権下の2007年にまとめた政府指針で、反社会的勢力を「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」と定めていた。だが、野党議員が提出した質問主意書に対し、政府が10日に閣議決定した答弁書では、「あらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難」とする新たな政府見解が示され、指針との矛盾が指摘されている。