[PR]

 安倍晋三首相は11日、首相官邸で、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表の選手らと会談した。首相は神戸製鋼所に勤務していた際によくラグビーを見に行ったという思い出を披露し、「にわかファンではない」と説明。今回の日本代表について「どの戦いも素晴らしかった」とたたえた。

 主将を務めたリーチ・マイケル選手らはサイン入りのラグビーボールなどを首相に贈った。首相は「笑わない男」の異名をとる稲垣啓太選手に対して、「あの、稲垣さんもちょっと笑っていただくと」と呼びかける一幕もあった。

 リーチ選手は会談後、記者団に「日本中を感動させたことをうれしく思う。次の大会までにもっと強くなってやっていきたい」と語った。