[PR]

 西アフリカのニジェール西部で、軍の拠点が武装勢力に襲撃され、少なくとも71人の兵士が殺害された。ロイター通信などが11日、軍報道官の話として報じた。影響力を増している過激派組織「イスラム国」(IS)などとつながりのある勢力による犯行とみられている。

 襲撃は10日夜、首都ニアメーから北東に約140キロ離れた街で発生。数百人の武装勢力が軍の拠点を襲い、負傷者も多数出た。行方不明者が30人に上るとの情報もあり、犠牲者の数は増える可能性が高い。

 現場周辺では、5~6月にも、約50人の軍兵士がISに忠誠を誓う武装勢力に殺害されている。隣国のマリやブルキナファソでも武装勢力による襲撃事件が相次いでおり、治安が急速に悪化している。(石原孝