[PR]

 俳句の定形にとらわれない自由律俳句で知られる漂泊の俳人、種田山頭火の直筆を紹介する企画展「山頭火の書」が13日から、防府市宮市町の山頭火ふるさと館で開かれる。

 ふるさと館によると、山頭火は達筆で、自身の句を短冊や掛け軸に多く書き残している。世話になった人へのお礼や、友人から頼まれて書くこともあったという。

 企画展では、筆致の強弱をしっかり出した短冊軸装「うれしいこともかなしいことも草しげる」や、「山頭火」の署名がはっきり読める掛け軸「枝をさしのべて葉ざくら」など12点が展示される。

 ふるさと館の学芸員、花田咲絵…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら