[PR]

 首都圏で住みやすい街のグランプリは川口! そんな大手住宅ローン会社のランキング結果が話題を呼んでいる。「本当に?」という住民の声がある中で、ランキングの元となるデータが単なる人気投票とは違う、という特徴が反映されたようだ。

 ランキングは住宅ローン会社「ARUHI(アルヒ)」が選定した東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を対象にした「本当に住みやすい街大賞2020」。地域は駅単位で、住まい選びの参考になるランキングとしている。グランプリの「川口」も川口駅周辺を指している。街や地域のランキングは多々あるが、市によると川口が選ばれたのは初めてではないかという。

 しかし、昨年も4位とはいえ、人気上昇中の赤羽(2位)、柏の葉キャンパス(4位)、高級住宅街で新たな開発も進むたまプラーザ(3位)を抑えての1位に、市民からは「ちゃんとした調査なのかなあ」「東京の隣なのに家が安いからか」と不思議がる声があるのも確か。

 それに対して同社の担当者が「実際に住宅を買った人の数をベースにしている。住みたいけど住めないという人気投票のようなランキングとは違った結果になっている」と説明するように、選定方法に特徴があるようだ。

 同賞は同社の膨大なデータを活用して、住宅や不動産の専門家らの選定委員会が「生活する」という視点を重視している。①住環境②交通利便性③教育環境④コストパフォーマンス⑤発展性に分けて選んだ川口の総合評価(5点満点)は4・14。「発展性」は満点だった。駅近くにある進行中の銀座通り商店街の再開発、2023年に完成予定の商業施設を含む29階のタワーマンションなどが高く評価され、グランプリ受賞につながったようだ。(堤恭太)