首相補佐官に公私混同と報道 菅氏は「公私分けていた」

有料記事

[PR]

 和泉洋人首相補佐官が、厚生労働省の女性幹部と公費で京都に出張した際に私的な観光をしていた、と「週刊文春」のウェブサイトが11日に報じた。菅義偉官房長官は12日午前の会見で、和泉氏の行動が「公私混同に当たるのではないか」と問われ、「和泉氏に報告を求めた。公私はしっかり分けていたということだ」と述べ、問題ないとの認識を示した。

 週刊文春の報道によると、和泉氏は8月に京都に出張。公務を終えた後、女性幹部とハイヤーに乗り、京都市内で観光、食事をしたなどとされる。菅氏は会見で、和泉氏から、公務として手続きを取った出張だったことや京都市内での移動の費用は私費だった、との報告を受けたと説明。そのうえで、「適切に対応しているという風に聞いている」と語った。

 和泉氏は国土交通省出身。安…

この記事は有料記事です。残り135文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。