[PR]

 ハナとユメ。2歳違いの姉妹は、白バイに乗って同じ夢を追いかけている。めざすのは、1990年代に女性で先駆けとなる白バイ隊員として活躍した母の背中だ。

1枚の写真が姉妹の心を動かした

 昨年12月、中京競馬場(愛知県豊明市)の駐車場。愛知県警の白バイ隊員が訓練するなか、長澤華乃さん(23)と夢乃さん(22)の姿があった。

 「もっと腕を伸ばして」

 「はい!」

 9月に白バイ隊員になったばかりの夢乃さんは、先輩の男性指導員が見守るなか、重さ300キロの白バイをジグザグに走らせていた。2年早く白バイ隊員になった姉の華乃さんは、妹のそばで急旋回や急発進を繰り返した。

 同じ高校に通い、ともにソフトボール部だった。似た道を歩いてきた2人は、母の早苗さん(50)にあこがれて警察官になった。

 2人の心を動かしたのは、幼いころに祖母の自宅の玄関に飾られていた、白バイに乗る早苗さんの写真だ。

 早苗さんが白バイ隊員になった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら