[PR]

 ひき逃げ事件で収容予定だった被告が大阪地検岸和田支部へ出頭後に車で逃走した事件で、大阪府警は住所不定、無職野口公栄(きみえ)容疑者(49)を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで、息子の建築業、仁容疑者(30)を同法違反(使用)の疑いで再逮捕したと明らかにした。再逮捕は4日付。

 2人は逃走から2日後の11月1日に同府和泉市の知人宅で身柄を確保された。薬物対策課によると、公栄容疑者は身体検査で覚醒剤0・057グラムを所持し、仁容疑者は尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たという。

 公栄容疑者は2月に自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)などの罪で起訴され、翌3月に保釈されたが、公判に出廷せずに保釈が取り消され、地検岸和田支部の要請に応じて10月30日に出頭。検察官が収容について説明中に、荷物を取りに行きたいと申し出て、仁容疑者が運転する車に乗り込み、制止しようとした検察事務官2人をはねて逃走したとして、傷害や公務執行妨害などの罪で起訴されている。