[PR]

 知的障害がある生徒が通う東京都立港特別支援学校(港区)が、ソニーなどの大手企業やユニクロの店舗などと協力し、キャリア教育に取り組んでいる。生徒たちは職場体験や社員との交流によって卒業後の働き方を学び、企業側も障害への理解を深める機会になっている。

 11月上旬、同校の職能開発科2年生がソニー本社(東京都港区)を訪れた。生徒14人は午前中、知的障害がある人を積極的に雇用している特例子会社「ソニー希望・光」の社員とともに、事務作業や清掃などを体験した。

 午後はワークショップがあり、社員から助言を受けながらプログラミングツールを使った物作りを体験。実習のふり返りで、男子生徒は「いろんな体験をできて、いい思い出になった」と笑顔で話した。

 同校は2016年、知的障害が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら