[PR]

 中東海域への自衛隊派遣をめぐり、近く閣議決定する政府の派遣方針の全容が明らかになった。活動の「歯止め」として、派遣期限を1年間と区切り、延長の際は再度閣議決定した上で、国会に活動内容を報告することも盛り込んだ。政府は20日か23日に閣議決定する見通しだ。

 政府は今回、日本関係船舶の安全確保に向けた情報収集活動を目的とし、防衛省設置法に基づく「調査・研究」を根拠に自衛隊を派遣する。ただ、与党内からは法的根拠や安全をめぐって懸念の声も出ていた。

 方針では、「主要なエネルギー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら