[PR]

 福岡県小郡(おごおり)市の住宅で2017年6月、母子3人の遺体が見つかった事件の裁判員裁判の判決が13日、福岡地裁であった。3人を殺したとして、殺人罪に問われた夫で父の元福岡県警巡査部長中田充(みつる)被告(41)に対し、柴田寿宏裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。

 中田被告は17年6月5日深夜から6日未明にかけ、小郡市の自宅で妻の由紀子さん(当時38)、長男涼介さん(同9)、長女実優(みゆ)さん(同6)の首を絞め、殺害したとして起訴された。「一切身に覚えがなく、事実無根です」と起訴内容を否認していた。

 被告の関与を直接示す証拠がない中、検察側は3人の死亡推定時刻に中田被告が家にいたことや、防犯カメラに第三者が被告宅に侵入する映像が残っていないことなどから「被告が犯人であることは明らか」と指摘していた。

 一方の弁護側は、死亡推定時刻には幅があり、防犯カメラにも死角があることなどから「第三者の犯行の可能性は捨てきれない」として、無罪を主張していた。