[PR]

 ほぼ毎日開催される定例会見で「桜を見る会」をめぐる問題について記者から追及を受けている菅義偉官房長官は12日の会見で、記者から「今年の漢字」について「『桜』という漢字はどうか」と問われ、「見たくも聞きたくもない」と答えた。

 その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の今年の漢字は12日、新元号「令和」などを理由に「令」が選ばれた。今年4月に新元号を発表し、「令和おじさん」として一躍知名度が上がった菅氏は会見で、「私自身、歴史的な巡り合わせの元号発表に携わることができ、『令』か『和』じゃないかと思っていた」と感慨深げに語った。

 ただ、その直後に記者から「『桜』はどうか」と問われ、「(桜は)聞きたくもないです。見たくもないです」と苦笑いした。次の質問に移る際には「桜(の質問)じゃないでしょうね?」と予防線を張ったものの、記者からの質問は桜を見る会についてだった。(菊地直己)