[PR]

 関西空港を運営する関西エアポートは12日、関空の中核施設となる第1ターミナル(T1)の改修計画を発表した。開港から25年で初めての大規模改修となる。訪日外国人客の増加で手狭になった国際線エリアを大幅に拡張。2025年の大阪・関西万博も見据え、関西の空の玄関口としての環境整備を急ぐ。

 開港当初の計画では、T1が対応できる年間の旅客数は国際線1200万人、国内線1300万人だった。ところが現在のT1の利用客は、国際線約2060万人に対して国内線は約400万人と、大きな不均衡が生じている。

 そのため、改修では国際線の出発エリアの慢性的な混雑解消をめざし、フロアを現在の3、4階だけでなく、2階にも広げる。これに伴い、商業施設や飲食店の延べ床面積を60%増やす。物販収入を上げるため、ウォークスルー型の免税店エリアも設ける。

 改修によって国際線の旅客数(第2ターミナル含む)は、18年度実績の1・7倍の約4千万人が受け入れ可能になるという。ストレスなく搭乗手続きができるよう、国際線の保安検査場も広げる。さらに搭乗前の荷物の保安検査を円滑にするため、複数の旅客の検査を同時にできる「スマートレーン」を22台設ける。

 一方で、国内線エリアの面積は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら