[PR]

 安倍晋三首相は12日、今年の漢字に「始」を選んだ。その年の世相を表す漢字に「令」が選ばれたのを受け、記者団の取材に応じた。理由について「今年新しい時代が始まった。政策的には働き方改革、幼児教育の無償化が始まった」と語った。

 一方、公明党の山口那津男代表は、10月の消費増税に伴い同党の求めで導入された軽減税率の「軽」を選択。記者会見で「買い物をする時のレシートに対象商品は『軽』と省略されて表示されるのが日常的になっている。軽減税率の社会に与える影響は極めて大きい」と語った。自民党の岸田文雄政調会長は「まだよく考えが整理できていません」として漢字を挙げなかった。