[PR]

 元衆院議員の玉沢徳一郎氏(81)が盛岡市内の自宅で銃撃された事件で、銃刀法違反(加重所持)の疑いで岩手県警に逮捕された高橋脩(ひさし)容疑者(82)が室内で玉沢氏に向けて銃弾を3発撃った疑いのあることが捜査関係者への取材で分かった。2発が玉沢氏に命中した。その場には玉沢氏の妻も居合わせていたという。

 県警や関係者によると、玉沢氏が10日午後、盛岡市中ノ橋通の自宅にいたところ、高橋容疑者が訪れてきた。室内に通し、玉沢氏の妻も含めて3人で話していたが、高橋容疑者が拳銃を取り出し、妻がいる前で玉沢氏を銃撃。足を撃たれ、2週間のけがを負った。高橋容疑者は「貸した金の件で行ったが、話がつかず、撃った」と供述しているという。高橋容疑者はその後、450メートル離れた盛岡東署に車で向かい、自首。5発装塡(そうてん)できる回転式拳銃を所持しており、拳銃の中には実弾が1発残っていた。

 こうした状況から、県警は高橋…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース