[PR]

 浜松市西区の私立認可保育園で、園長らのハラスメントを理由に保育士ら18人が今月28日付で一斉退職することが12日、わかった。浜松市は来年1月以降の保育に支障が出るおそれがあるとして、指導に乗り出した。

 市に退職を報告したのは、「メロディー保育園」=浜松市西区雄踏2丁目=の保育士17人と栄養士1人。同園には、1日現在、0~6歳の142人が在籍し、29人の保育士が働いている。一斉退職により、常勤換算で9人、実人数で15~20人の保育士が不足することになるという。

 保育士らが市や保護者に提出した書面では、退職の理由を「以前から園長、専務からパワハラ、セクハラ、マタハラなどのハラスメントを受けていた」と説明。具体的には、ブログ掲載のため、写真映えするような保育をしろと要求されたり、妊娠中の保育士が欠勤した時に「つわりは病気じゃない」などと批判されたりしたとした。「日常的に人格を否定する数々の言動、常に圧力をかけられ監視されている恐怖に極度のストレスを感じた」などと訴えている。

 市は11日、同園に対し、早急に保護者説明会を開くことと、16日までに来年1月以降の保育体制について報告するよう求めた。

 高部志保子園長は朝日新聞の取材に対し、「昨日、弁護士を通じて18人の辞表が届いた」と認めた。ハラスメントの指摘については、「相手の受け止め方なので、嫌な思いをさせたとしたら申し訳ないと思う」と話した。今後については「保護者や子どもたちの迷惑にならないように、(辞表を出した)先生たちに残ってもらって存続できるようにがんばっていきたい」と述べた。(阿久沢悦子、須田世紀)