拡大する写真・図版 京舞井上流家元の井上八千代さんにあいさつする芸舞妓たち=京都市東山区、佐藤慈子撮影

[PR]

 京都の花街で13日、芸舞妓(げいまいこ)が芸事の師匠を訪ね、この1年のお礼と新年に向けたあいさつをする「事始め」があった。花街はこの日から正月を迎える支度に入る。

 京都市東山区の京舞井上流五世家元・井上八千代さん(63)宅の稽古場には、門弟たちが届けた大小の鏡餅が緋毛氈(ひもうせん)にずらりと並んだ。訪れた祇園甲部の舞妓らが「おめでとうさんどす」とあいさつ。井上さんは励ましの言葉をかけ、一人ひとりに祝儀の舞扇(まいおうぎ)を手渡した。

 舞妓になって2年目の瑞乃(みずの)さん(18)は「舞台に立たせてもらうことが増えて、いい1年どした。来年もお稽古をがんばって、いろいろ出させてもらえるようにしたい」と話した。

 事始めで毎年配られる舞扇は、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら