吉本、ジャニーズ、AKB… うみが出て一時代おわった

有料会員記事

聞き手・滝沢文那
[PR]

中森明夫さん、松谷創一郎さんと振り返る2019年芸能界

 男性アイドル王国を築いたジャニー喜多川さんの死去、吉本興業の「闇営業」や契約の問題、NGT48メンバーへのファンによる暴行問題など、激動だった2019年の芸能界。識者は「うみが噴き出した」「一つの時代の終わり」と指摘する。30年以上にわたって業界を見つめてきたアイドル評論家の中森明夫、芸能界の構造的な問題を指摘し続けてきたライターの松谷創一郎に振り返ってもらった。

写真・図版

 ――芸能界では様々なことが起きた1年でしたね。

 中森 平成から令和になる象徴的な年でしたが、芸能界ではずいぶんいろんなことがありましたね。ジャニーズ、吉本、AKBグループという、テレビで見ない日はない大きなグループに激震が走った年として記憶されるでしょう。

 松谷 芸能界のうみが噴き出…

この記事は有料会員記事です。残り9955文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら