[PR]

(卓球・ワールドツアー・グランドファイナル、女子シングルス1回戦)

 あと一歩、届かなかった。勝てば初の五輪代表、負ければ落選。そんな大一番で、平野美宇(日本生命)は敗れた。「チャンスがあったのに最後、勝てなかった。でも、自分の中ではこれが精いっぱいだった」。試合直後は気丈に振る舞ってみせたが、コート裏の取材エリアでは涙が止まらなかった。

 相手の王芸迪(中国)は、今季のワールドツアーのランク8位の実力者だ。「内容は悪くなかったけど……」と平野は振り返ったが、1ゲームしか奪えない力負けだった。

 3年前のリオデジャネイロ五輪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら