[PR]

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは12日、トランプ米大統領が米中通商協議の部分的な「第1段階の合意」に同意したと報じた。双方が15日に予定する相手国への追加関税「第4弾」の未実施分の発動を見送り、すでに発動した関税の一部引き下げも盛り込まれる見通しという。関係筋の話として伝えた。

 トランプ氏は12日朝、「中国と大きなディール(取引)にすごく近づいている。中国が望み、我々も望んでいる!」とツイートしていた。同紙によると、トランプ氏は午後、合意の条件について担当閣僚らと協議。13日にもライトハイザー米通商代表と崔天凱駐米大使が文書に署名する可能性があるという。

 トランプ氏は10月、中国によ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら