HOYA、ニューフレア社買収方針 東芝のTOBに対抗

有料会員記事

[PR]

 光学機器メーカーのHOYAは13日、東芝の子会社のニューフレアテクノロジーに対し、株式の公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社にする方針を発表した。総額1477億円を投じ、全株の取得をめざす。

 ニューフレアの株式は、東芝が完全子会社を通じて52%を保有している。東芝は完全子会社にする狙いのTOBを今月25日までの予定で進めており、ニューフレアはこれに賛同する意向を示していた。東芝との争奪戦になる可能性がある。

 HOYAによる1株あたりの…

この記事は有料会員記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。