[PR]

 熊本県天草市の漁港の船内から大量の覚醒剤が見つかった事件で、押収量は約600キロ(末端価格約360億円相当)に上り、覚醒剤を積んだ船は燃料切れを起こしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。近くを通りかかった漁船が港まで引いたという。

 捜査関係者によると、福岡県警が押収した覚醒剤の量として過去最多となる見通し。財務省によると、国内では6月、静岡県南伊豆町の港で警視庁などが押収した約1トンが最多。今回はこれに次ぐとみられる。

 大量の覚醒剤を積んで航行したために燃料を消費し、目的地に到着する前に燃料が切れて、身動きが取れなくなった可能性があるという。

 県警などは港に係留中の船で覚…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら