[PR]

 商売繁盛を願う兵庫県西宮市社家町の西宮神社の「十日えびす」(来年1月9~11日)に向けて、境内にある「おかめ茶屋」で縁起物づくりがピークを迎えている。

 11月から縁起物の組み立て作業が始まった。福を熊手でかき集める「福さらえ」、福を箕(み)ですくい取る「福箕」などといった縁起物を、えびすさまや大黒さまのお面などを取り付けて完成させていく。

 同茶屋の西原多知江さん(77)は「来年は令和最初の十日えびすになります。災害がなく、みんなが幸せで、景気が上昇する年になってほしい。十日えびすにぜひお越し下さい」と話している。(村瀬成幸)