[PR]

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、面識がない黒沼由理さん(当時27)を殺害したとして、殺人罪に問われた鈴木洋一被告(39)の裁判員裁判が13日、横浜地裁であった。景山太郎裁判長は「甚だ身勝手で、理不尽な殺人事件だ」として懲役28年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 判決によると、鈴木被告は06年9月23日午前0時ごろ、アルバイトから帰宅途中の黒沼さんを腹、右胸の順に突き刺し殺害した。

 公判で弁護側は起訴内容を大筋で認めたものの、鈴木被告の重度で特異なパーソナリティー障害が、犯行を思いとどまろうとする力を弱めたなどと主張。被告が自ら事件を起こしたことを打ち明けたことなどからも、量刑を考慮するように求めていた。

 一方、検察側は急所である腹を殺傷能力のある出刃包丁で強く刺したことなどから、初めから殺意があったと主張。近くの自宅に向かって夜間に1人で歩いていた黒沼さんを襲ったことなどから計画的な犯行だと指摘し、「好みの女性の死ぬ間際の苦しむ顔が見たいという理由で人生が絶たれた女性の無念さは、察するにあまりある」と無期懲役を求めていた。(岩本修弥)