[PR]

 東京都世田谷区の住宅で2000年12月、住人の会社員宮澤みきおさん(当時44)一家4人が殺害された事件で、凶器の包丁を包んでいたとみられるハンカチの特殊な使い方が、フィリピン北部で同様にされている可能性があることがわかった。警視庁が13日、明らかにした。

 成城署捜査本部によると、犯人は包丁を、ハンカチの一部を中央約3センチの切り込みに通して袋状にし、柄を包んだ状態で使ったとみられている。台所で血の付いた包丁のそばに、袋状になったハンカチが落ちているのが見つかった。

 複数の人から、フィリピン北部のイロコス地方とイサベラ州でこうした使い方がされているとの情報が寄せられた。武器を隠したり動物を殺したりする際や、儀式などで採り入れられている、との内容という。警視庁は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて情報収集を進めるとともに、捜査員の派遣も検討している。

 事件は00年12月30日午後11時半以降に発生したとみられ、宮澤さんと妻泰子さん(当時41)、長女にいなさん(同8)、長男礼君(同6)が殺害された。

 情報提供は捜査本部(03・3482・3829)。