[PR]

 米中両政府は日本時間14日未明、通商協議で「第1段階」の文書に合意したと発表した。双方が15日に発動を予定していた追加関税「第4弾」の残り分の発動は見送り、米国が発動済みの追加関税の一部の税率を引き下げる。

 昨年7月の追加関税「第1弾」発動で激化した貿易摩擦で、米中が文書をまとめたり、関税を引き下げたりすれば初めて。世界経済の不安要因となってきた米中対立が、緩和に向かう道筋が示されることになる。

 トランプ大統領は米東部時間13日朝、ツイッターで「中国と大きな『第1段階の合意』に達した。中国は多くの構造変化を受け入れ、農産品、エネルギー、工業製品などを膨大に輸入すると合意した」と表明。9月に15%の追加関税をかけた「第4弾」の一部については、7・5%に半減する。「第1~3弾」については現行の25%を継続することを明らかにした。

 一方、中国政府が出した声明は、米中間で経済貿易協定の文書に合意したとし、知的財産や技術移転、食料と農産物など九つの章が含まれる、と言及。協定の締結は「中国と米国、世界の基本的な利益に有益だ」とした。今後については「早急に法的なレビューや翻訳などの必要な手続きを完了し、正式な署名の取り決めを交渉することで同意した」としるすにとどめ、署名時期については言及しなかった。

 これに先立ち、米紙ウォールス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら