[PR]

 小学生を対象にした「ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」で、愛知県瀬戸市立西陵小学校4年の森本隼迅(はやと)君(9)の作品「地層スライドはめこみ貯金箱」が、最優秀賞にあたる文部科学大臣賞に選ばれた。地上からカンブリア紀まで6層になっていて、スライドさせた地層の穴に硬貨をはめ込む仕組み。各地層に、出土する化石や生息する生き物を描いた力作だ。

 44回目のコンクールには、全国1万704校から71万8593人が応募し、240点が入賞。県内からは355校から2万9777人が応募し、森本君を含め計13人が入賞した。貯金箱づくりを通して想像力を伸ばすとともに、貯金に対する関心を持ってもらう目的がある。

 恐竜が大好きという森本君は、新たな地質時代「チバニアン(千葉時代)」の認定を巡るニュースを見てから、恐竜の化石などが出てくる地層にも興味を持つようになった。この夏、親類からの贈り物に緩衝材がたくさん入っていて、地層貯金箱にして有効活用することを思い付いた。

 地層は地上、第四紀(500円…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら