[PR]

 今季のJリーグMVPに選ばれたMF仲川(横浜マ)が、韓国で開かれている東アジアE―1選手権で代表デビューを飾りそうだ。14日の香港戦への出場が濃厚で、「動きのイメージはできている」と準備は万全だ。

 10日の初戦で中国を2―1で下した日本。7日にJ1最終戦を戦った選手が多く、厳しい日程を考慮し、中国戦の先発組は12日もランニングなどで調整した程度だった。森保監督は13日、香港戦について先発を入れ替える方針を示した。

 中国戦で出番がなかった仲川は、自分が使われそうな位置の選手の動きをベンチから熱心に見ていた。世界ランク28位の日本に対し、香港は139位。自陣に人数を割いて守備的にくることも想定され、「個の力で打開していくことも必要。自分の特長を出していきたい」。

 J1全体の中で「令和初ゴール」を挙げた際、体で「令」の文字を表すなどゴールパフォーマンスも注目される仲川。「考えておきたい」。こちらでも持ち味を発揮できるか。

 女子代表も14日に第2戦があり、中国と対戦する。