元社会党委員長の石橋政嗣(いしばし・まさし)さんが死去した。関係者によると、老衰で9日に死去。葬儀は福岡市内で12日に近親者で営まれた。95歳だった。

 台湾生まれ。長崎県佐世保市の米海軍基地に勤め、1947年に基地従業員の労組、全駐労佐世保支部を結成し、初代書記長に就任した。長崎県議などを経て、55年に衆院の旧長崎2区で初当選。連続12回当選した。日米安保条約改定に反対した60年の「安保国会」では、旧社会党の「安保5人男」の一人として政府追及の論陣を張った。

 旧社会党内で総務局長、国際局長、書記長などを歴任して「社会党の顔」としての地歩を固め、83年9月に飛鳥田一雄氏の後任の第9代委員長に就任。だが、86年の衆参同日選挙の敗北の責任を取って委員長を辞任した。

 党の安保・外交政策に一貫して携わった。80年には著書「非武装中立論」を発行。これを「非現実的だ」と批判した当時の中曽根康弘首相と予算委員会で論戦を繰り広げた。88年10月には韓国を訪問し、盧泰愚大統領(当時)と会談。旧社会党の幹部として、初の韓国大統領との会談になった。

 その後、連合政権構想などをめぐって、後任の土井たか子委員長ら党執行部と意見の食い違いが生じ、90年に政界を引退した。

 社民党の又市征治党首は13日、「軍拡を進める中曽根首相に対し、委員長として非武装中立論をたたかわせ、自衛隊『違憲合法論』を主張するとともに、文化立国論を打ち出したことは今も鮮明に記憶に残っている。信念には剛直な方だった」とのコメントを発表した。