[PR]

 秋田・金足農高のエースとして昨年夏の甲子園をわかせ、日本ハムに入団した吉田輝星(18)が、注目を浴びた今年を振り返った。初登板初勝利を飾ったものの、1軍登板は4試合にとどまり、1勝3敗に終わった新人年。自身を例えた漢字1文字は何だったのか。

 野球殿堂博物館(東京都文京区)で14日から来年3月1日まで開催される「野球報道写真展2019」の事前見学会にゲストとして招かれた吉田輝は13日、今年を表す漢字を報道陣に問われ、「ちょっと待ってください」としばらく考えた。そして、「『悲』でいいですか?」と苦笑いを浮かべながら答えた。

 理由は明確だった。「4試合中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く