高井保弘さん(たかい・やすひろ=元プロ野球・阪急選手)が13日、腎不全で死去した。74歳だった。通夜は14日午後6時、葬儀は15日午後0時30分から兵庫県西宮市高畑町2の25のエテルノ西宮で。喪主は妻安枝(やすえ)さん。

 愛媛県出身。今治西高から名古屋日産を経て、64年に阪急(現オリックス)に入団。相手投手の癖などを分析し、主に代打の右打者として活躍した。代打本塁打通算27本はプロ野球記録。74年のオールスターでは球宴史上唯一となる「代打サヨナラ本塁打」を記録した。82年に引退するまで通算1135試合に出場し665安打、130本塁打、446打点。