[PR]

 宝島社は12日、書籍「このマンガがすごい!2020」を回収すると発表した。11日に発売されたばかりだが、インタビューページに不備があったという。宝島社は「不備の詳細は差し控えたい」といい、本の修正や再販については検討中としている。

 「このマンガがすごい!」は、書店員や各界の漫画好きらのアンケートから、漫画単行本をランク付けするもの。20年版では、オトコ編1位に遠藤達哉さんの「SPY×FAMILY」、オンナ編1位に牧野あおいさんの「さよならミニスカート」が選ばれ、作者インタビューが掲載された。その他、漫画家やタレントらからの寄稿が掲載されていた。ランキングの変更はないという。

 賞は06年版から発表されていて、これまでに「進撃の巨人」「約束のネバーランド」「ハチミツとクローバー」「ヲタクに恋は難しい」などが1位になっている。ランクインをきっかけに単行本の売れ行きが大きく伸びる、アニメ化や映画化が決まるといった作品が多く、数ある漫画賞の中でも影響力が大きいことで知られている。