[PR]

 学校法人明浄(めいじょう)学院(大阪府熊取町)の元理事長らが法人資金21億円を着服したとされる事件で、大阪地検特捜部は16日、東証1部上場の地場不動産大手プレサンスコーポレーション(大阪市)社長の山岸忍容疑者(56)=神戸市東灘区=が共謀した疑いがあるとして業務上横領容疑で逮捕し、発表した。捜査関係者によると、山岸社長は特捜部の任意の事情聴取に容疑を否認していたという。

 特捜部によると山岸社長は2017年7月、元理事長の大橋美枝子容疑者(61)や不動産会社ピアグレース(大阪市)元社長の山下隆志容疑者(52)ら5人と共謀し、法人が所有する明浄学院高校(同市)の土地の半分をピア社に約31億円で売却する際、ピア社が払った手付金21億円を着服した疑いがある。プレ社によると、同社はピア社からこの土地を買い取る契約を結んでおり、手付金21億円もプレ社が支払っていた。

 捜査関係者によると、この売却契約の前、山岸社長の個人口座から、山下容疑者が社長を務める大阪市の別の不動産会社に18億円が送金され、契約後に同社から口座に約18億円が戻っていた。特捜部は、人気住宅地にある高校の土地を手に入れるための資金を山岸社長が山下容疑者らに貸し、横領金から返済を受けたとみている。

 大橋容疑者は副理事長就任の際…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら