[PR]

 卓球のワールドツアー・グランドファイナルは14日、中国・鄭州で第3日があり、東京五輪の新種目・混合ダブルス決勝で水谷隼(木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)組は2―3で4月の世界選手権を制した許昕、劉詩雯組(中国)に敗れ、銀メダルだった。女子シングルス準決勝では世界ランキング4位の伊藤が同1位の陳夢(中国)に1―4で敗れた。

 13日の男子シングルス準々決勝では同5位の張本智和(木下グループ)が3―4で同1位の許昕(中国)に敗れ、2連覇を逃した。

■水谷「次は勝てるんじゃな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら