[PR]

 バドミントンのワールドツアーファイナルは14日、中国の広州で各種目の準決勝があり、男子シングルスは世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が台湾選手にストレート勝ちし、2年連続で決勝に進んだ。男子ダブルスでは同6位の遠藤大由(ひろゆき)、渡辺勇大(ゆうた)組(日本ユニシス)も同1位のインドネシアのペアを下し、2年連続決勝進出。女子シングルスは同4位の山口茜(再春館製薬所)が同2位の陳雨菲(中国)にストレート負け。同3位の奥原希望(太陽ホールディングス)も同1位の戴資穎(台湾)に0―2で敗れた。混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は同1位の鄭思維、黄雅瓊組(中国)に1―2で敗れた。

山口、負けても自信取り戻す

 試合後、記者会見場に現れた山…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら