拡大する写真・図版 大勢の人が「青の洞窟SHIBUYA」と「渋谷スクランブルスクエア」の競演を楽しんでいた=2019年12月14日午後6時35分、東京都渋谷区、鬼室黎撮影

[PR]

 東京・渋谷の渋谷公園通りから代々木公園のケヤキ並木を電飾で彩るイルミネーションイベント「青の洞窟SHIBUYA」が開かれ、大勢の人でにぎわっている。約60万個の発光ダイオード(LED)で真っ青に彩られた街並みが幻想的な雰囲気に包まれている。

 この冬は、代々木公園側から渋谷駅の方向を見ると、11月に開業したばかりの超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」を望める。12月14日夜も訪れた人たちがスマートフォンやカメラをかざして都心の風物詩を楽しんでいた。

 点灯は午後5時から10時。代々木公園内は12月31日まで(最終日は翌朝まで点灯)。渋谷公園通りは来年1月14日まで。(鬼室黎)